ノーコード(no-code)

podcast始めました。#1 ノーコードについて少し話してみる【Glide、Adalo、Bubble】

podcast始めました。ノーコードについて少し話てみる

こんにちは!よーこふです。

最近、podcastを始めたのですよね。その名も『よーこふノーコード』。2,3日に1回くらいの更新頻度でできればよいけど、どうなるのでしょうか・・?!

spotifyでもapple podcastでもGoogle podcastでも配信されてますので、お好きなプラットフォームでぜひ『フォロー』&『お気に入り』に追加して聞いていただければ嬉しいです。

基本的には、3分くらいでノーコードのよもやま話やあまり日本で知られていない海外ツールやお役立ちツールなどを台本なしに話していくスタイルになるかと思います。

「あ~」とか「え~」とか「うふふ」とか良く入っていますが、そこはご愛嬌ということで・・

#1 ノーコードについて少し話してみる

ノーコードというと、皆さんは何を思い浮かべますか?

 ノーコードとは、コーディングせずにプログラミングができるビジュアルプログラミング言語のことです。

有名なのは、Glide、Adalo、Bubbleですね。

この3つのツールは、ノーコード・コミュニティの人々が非常に力を入れているものです。

Glideは、Googleのスプレッドシートから数秒でアプリを作ることができる素晴らしいツールです。

Adaloでは、iOSやAndroid向けのネイティブアプリ、つまりダウンロードしてアプリショップで販売できるアプリを作ることができます。

ネイティブアプリを簡単に作成したいなら、Adaloはあなたのためのツールです。

Adaloはかなり優秀で、Adaloを使えばたくさんのマッチングアプリを作ることができます。

だから、マッチングアプリを作りたい人は、ぜひAdaloを使ってみてください。

Bubble、Bubbleはユニバーサルコードツールです。

Bubbleは、まさにビジュアルプログラミングツールです。

ドラッグ&ドロップでUIのルック&フィールを作ることができます。

ドラッグ&ドロップでTwitterのつぶやきを作ることができます。

Twitterのクローンも作れるので、Twitterのつぶやきをここに置くこともできます。

Bubbleのリピーティングループが使えます。

ちょっとした繰り返しのループを作れば、あっという間にTwitterのつぶやき部分を作ることもできます。

Bubbleはプラグインの文化です。

WordPressがプラグインでほとんどのことができるように、Bubbleもプラグインですべてのことができます

バブルのユーザーになれば、バブルで何でもできるようになります。

また、バブルは、ノーコードで法人化している人が一番多いです。

受託開発が多いのです。受託開発で独立したい人は、Bubbleを使ってみることをお勧めします。受託開発で独立したい方は、Bubbleがお勧めのツールです。

では、今日はここまで。お時間をいただきありがとうございました。